フィナロイドと運動でAGA予防

AGAの症状が深刻になるにつれ、フィナロイドなどのAGA治療薬に頼り切りになる傾向があります。

しかし、AGAの発症と進行は様々な要因が重なって引き起こされるものなので、その原因をひとつずつ取り除いていくことが最も効果的な改善に繋がります。

一見薄毛とは関係なさそうなことも頭皮環境改善に繋がることがあり、とくに現代人に多い運動不足は無視できない要因の一つです。

運動不足は、生活習慣病やホルモンバランスの乱れにも繋がりますし、血行が悪くなって頭皮にも良くありません。

具体的な例を挙げると、食生活に気を付けていても運動不足だと摂取カロリーが消費カロリーを上回り、肥満やコレステロールの異常に繋がります。
すると、皮脂の分泌が増えたり、コレステロールがこびりついて動脈硬化を引き起こし、頭皮の血行が悪くなる可能性があるのです。

また、ホルモンバランスが乱れればAGAと密接な関係にある男性ホルモンの分泌量が増えることも考えられます。
直接の原因がわからず、自分が運動不足だと感じた時は、まず生活の中に運動する時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。

しかし、運動を取り入れるといっても、いきなりランニングを始めたり、ジムに通って過酷なトレーニングをする必要はありません。

有酸素運動を適度に行うだけなら、万歩計アプリなどを利用して一日8000歩程度を目標に歩く時間を作ってみて下さい。
以前は一日一万歩と言われていましたが、現在では膝や筋肉への負担も大きいため、ほどほどが良いとされています。

速歩で20分程度ですが一度にまとめてやる必要はなく、近所へ買い物に行く時は歩きにする、エレベーターの代わりに階段を使う、一駅歩く、ちょっとした用事でも人に頼まず自分で行うなど、普段の生活の中でほんの少し意識するだけで目標歩数に近づけられるでしょう。

運動不足が解消されると、おのずとストレス解消にも繋がります。
ストレスもAGAの大きな要因となりますから、少し歩く歩数を増やすだけで幅広くAGAの原因に対応でき、おすすめです。

単調にだらだら歩くよりも、時々スピードを上げるなどメリハリをつけるとより効果的なので、ぜひ試してみて下さい。