AGAになりやすい体質の方は生活習慣を見直そう

男性型脱毛症のAGAは様々な原因で発症しますが、遺伝もひとつの要因になっています。

祖父や父親などの親族に薄毛の人が多い場合は、なりやすい体質を受け継いでいる可能性があります。

遺伝によるAGAの場合は、フィナロイド等の医薬品による治療法が効果的とされていますが、家族に薄毛の人が少なく自分だけ抜け毛や薄毛に悩んでいる場合は、毎日の生活習慣を見直す努力をしましょう。

毎日食べる食事は髪の毛の成長に大きな影響を与えており、ファーストフードやコンビニの食材などはカロリーが高く、油脂を多く含んでいるため、血流が悪くなる原因になります。

メタボ気味の人は、血液中のコレステロール値や中性脂肪の数値が上昇しやすく、頭皮の血行が悪くなり、男性型脱毛症のAGAを進行させる原因になってしまいます。

普段の生活では野菜や海藻類、魚介類が中心の食事を心掛けるようにして、適正体重を維持して、体質改善する努力が必要です。

ビタミンCは体内のコラーゲンを生成する働きがあり、頭皮の環境を整える働きがありますから、キャベツやブロッコリー、トマト、みかん、いちごなどを積極的に食べましょう。

毎日栄養バランスの良い食事を摂るのが難しい場合は、野菜ジュースやスムージー、酵素ドリンクなどで、ビタミンやミネラル、食物繊維、酵素などを補うようにして下さい。

納豆や豆腐、大豆などの豆類を使った食材には、植物性たんぱく質が豊富に含まれています。
肉類は血管の血流が悪くなる原因になりますが、大豆食品には良質なたんぱく質が豊富に含まれており、健やかな髪の毛を育てる働きがあります。

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできているため、ミネラル成分の亜鉛を豊富に含んでいる食材を選んで食べると良いでしょう。

男性型脱毛症のAGAを改善するためには、無理のない運動を続ける必要があります。
ウォーキングやストレッチなどの運動を続けることで、適正体重を維持したり、血流を促進する働きがあります。

男性型脱毛症は遺伝だけが原因ではないですから、普段から体調を整える努力をしましょう。