フィナロイドと食べ物でAGAの予防

AGAを予防・改善する方法にはいくつかあります。

たとえばフィナロイドなどの医薬品で5αリダクターゼの働きを阻害して原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑えることも一つの方法ですし、育毛剤や育毛シャンプーなどで髪の毛の生えやすい頭皮環境を作り上げることも大切なことです。

そんないくつかある予防・改善策の中でも比較的簡単にできて高い効果が期待できるのが食生活の改善です。

毎日の食事の中で摂取する栄養に気を付けることでAGAの進行を食い止め、再び髪の毛を生やすことも可能になります。
育毛のためにぜひ摂取したい栄養としてタンパク質があります。

タンパク質から合成されるアミノ酸やケラチンは髪の毛の原料であり、これらの栄養がないと髪の毛が作られません。

タンパク質が豊富に含まれている食材としては乳製品やお肉、魚などが代表的ですが、その中でもお勧めなのが大豆です。

大豆はタンパク質の含有量自体も多いですが、それ以外にイソフラボンという成分が多く含まれています。
イソフラボンは私たちの体の中で女性ホルモンに似た働きをするので、男性ホルモンの働きを抑えてAGAの進行をストップしてくれます。

AGAには亜鉛を摂取することも大切です。
というのも、亜鉛はタンパク質からアミノ酸やケラチンを合成するときに大量に消費されるので、亜鉛が不足してしまうとタンパク質をたくさん摂取しても意味がなくなってしまうからです。

亜鉛が多く含まれている食材としてはカキをはじめとする魚介類や乳製品、ナッツ類などがあります。

ビタミンも育毛には欠かせない成分ですが、その中でもビタミンB類とビタミンEは特に大切です。

抜け毛の多い人の頭皮は皮脂が過剰に分泌されていることが多く、その過剰な皮脂が毛穴に詰まることで抜け毛の原因になります。
しかし、ビタミンB類には皮脂の分泌を抑制する働きがあるので、頭皮環境を正常化して抜け毛を減らしてくれます。

また、ビタミンEには血管を広げる働きがあります。
血管が広がれば血流が良くなり、髪の毛の生育に必要な栄養が毛根まで届きやすくなりますので、髪の毛が生えやすくなります。

こういった栄養豊富な食べ物を食生活に取り入れることで、AGAの予防や改善に繋がっていくでしょう。